イーストフードは本当に害があるのか?気になる危険性は?

イーストフード 害、イーストフード 危険性

多くの食パン、菓子パンなどに使われる食品添加物であるイーストフード。特に菓子パンは、イーストフードがよく使われているケースが多いです。

そんなイーストフードですが、害や危険性に関して懸念されています。イーストフードは本当に害があるのか?気になる危険性はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

イーストフードとは?

イーストフードは、どんな食品添加物かどうかご存じでしょうか?イーストフードは、読んで字のごとくイーストと呼ばれる微生物のエサです。イーストは、パンを発酵させるために欠かせない存在ですが、イーストフードを入れることによって発酵が活性化するのです。

つまりイーストフードを食品添加物として入れれば容易に安くパン生地を膨らませることができます。製造する側からするとコストカットや生産性向上につながる便利な食品添加物なのです。

意外と知らない人が多いのですがイーストフードは、単体の食品添加物ではありません。16種類の化学物質を一括名でイーストフードと表示することが認められていて、それぞれの化学物質名を表示する必要がないようになっています。

イーストフードとして使われる化学物質一覧

塩化アンモニウム、グルコン酸カリウム、焼成カルシウム、炭酸カリウム(無水)、硫酸アンモニウム、リン酸二水素アンモニウム、硫酸マグネシウム、リン酸一水素カルシウム、塩化マグネシウム、炭酸アンモニウム、炭酸カルシウム、硫酸カルシウム、リン酸三カルシウム、グルコン酸ナトリウム、リン酸二水素カルシウム、リン酸水素二アンモニウム

食パン、菓子パンに食品添加物として使われる場合に上記に表示されている化学物質を単独ではあまりなく、大概2~4種類配合されて入っています。

食品衛生法では原則として食品添加物を固有名称を表示することが義務づけられていますが、イーストフードは例外的な扱いです。そのため消費者にとって食品に16種類の中で具体的に何が入っているのかわかりません。

安全性の懸念

イーストフードとして使われる16種類の化学物質は、厚生労働省から許可され使用基準は定められており、安全性には問題ないと言われています。

しかし一方でイーストフードとして使われる塩化アンモニウムは、非常に毒性のある化学物質で、大量に摂取すると吐き気、嘔吐、昏睡を起こすことがあります。またイヌには少量与えただけでもなくなったという動物実験の結果もあります。

そのためイートフードとして使われる化学物質の中には、海外ではほとんど使われていないものがあるのです。イーストフードが本当に害、危険性があるかどうかは、正直なところ賛否両論ですが、黒に近いグレーゾーンではないかと思います。しかもイーストフードとして使われる16種類の化学物質の具体的に何が使われているかわからないのはとても懸念すべき事項だと思います。

イーストフードの安全性の懸念からパン屋で有名な神戸屋はイーストフード不使用です。また最近イーストフード不使用のパンは増えています。イーストフード不使用のパンは特別高いわけではないので、イーストフードの入っていない食品を選んだほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加