乳化剤の懸念される害と危険性とは?

乳化剤

パン、アイスクリーム、チョコレート、コーヒー飲料、ドレッシング、麺類などあらゆる食品に使われている乳化剤。食品の裏に書いてある食品表示を見れば乳化剤が多くの食品に使われていることに驚くと思います。

しかし多くの人が乳化剤はどういったものなのか?乳化剤の懸念されている害や危険性についてほとんど知らずに人体に入れているのではないでしょうか?

乳化剤について理解して、害や危険性についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

乳化剤とは?

乳化剤とは食品添加物で、界面活性剤です。乳化剤を使うことで水と油を混ざりやすくするため製造する側にしたらとても便利な食品添加物なのです。

乳化剤は、一物質の食品添加物ではありません。いくつかの添加物を一括して乳化剤と呼んでいいます。もともと食品表示には、添加したすべて表示しなければいけない法律があります。

しかし乳化剤のように同じ目的であるなら一括で表示していいという食品衛生法により許されているのです。そのため消費者からすると乳化剤と書かれていても具体的に何の食品添加物が入っているのかわからず、ブラックボックス化されているのです。

乳化剤には主に合成添加物と天然添加物に分けられます。合成添加物には、ショ糖脂肪酸エステル、プロピレングリコール脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステルなどが入っていると言われています。

一方天然添加物は、レシチン、サポニン、カゼインナトリウムなどが入っていると言われています。

懸念される害と危険性

乳化剤として使われる合成添加物は、厚生労働省の安全検査では問題がないとされています。しかし多くとると下痢を起こしたり、動物実験では脂肪肉芽腫ができたという報告があります。

乳化剤として使われる天然添加物のレシチンは、安全性に問題なく毒性は低いと言われていますが、ネコに注射すると呼吸が止まり、血圧が下がったという報告もされています。またレシチンは、大豆を原料とすることが多いので大豆アレルギーを引き起こすことがあります。

さらにレシチンの原料の大豆の多くは、遺伝子組み換えのものを使われていることも懸念すべき点です。乳化剤としてレシチンが使われている場合に食品表示には、乳化剤(大豆由来)と書かれている場合があるので、スーパに行ったときはチェックしてみてください。

また食品添加物の大きな問題ですが、安全性について一物質のみの試験であり、複合的に使うと人体にどの程度影響を及ぼすのか誰にもわからないのです。特に乳化剤は、一物質ではなく何種類か一緒に使われるので、害と危険性については、気になるところです。

まとめ

乳化剤は、あらゆる食品に使われているのでなかなか避けることは難しいと思います。しかし害や危険性が懸念されている以上できる限り避けたほうがいいでしょう。特に小さなお子さんには、影響力は強いので乳化剤が入っていないかチェックしたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加